ヤミ金とつながっているショッピング枠現金化悪徳業者に注意せよ

ヤミ金とつながっているショッピング枠現金化悪徳業者に注意せよ

ショッピング枠現金化は即日で現金が手に入るという利便性から、利用者も増え、それにつれて業者の数も増えていきました。

 

ショッピング枠現金化は利用自体がクレジットカード会社との規約違反なので、いわゆるグレーゾーンな方法で現金を手にしているといっていいでしょう。このグレーゾーンの手法は、一歩間違えれば完全にアウトになることもあり、詐欺行為を働く悪徳業者との親和性が非常に高いです。

 

ショッピング枠現金化はヤミ金なのではないかと疑問を持つ声をたまに聞きますが、比較的まともな業者であれば違法行為はしておらず、あくまで法に触れない方法でサービスを提供しています。

 

本当に気を付けておきたいのは、ショッピング枠現金化業者がヤミ金と繋がっている場合です。

 

業者がヤミ金と繋がっているとはどういうことかというと、お互いに利用者を紹介しあっている、もしくは業者とヤミ金の運営元が同じということです。

 

ショッピング枠現金化を利用した人は、遅かれ早かれショッピング枠の支払いに困ることになります。そうなると業者ではその人から利益をとることができなくなりますが、利用者をヤミ金に流せば紹介料をもらうことができます。もし業者とヤミ金が同じ運営元だとしたら、今度はヤミ金側で利益をとることもできるのです。

 

逆も然り、ヤミ金を利用した人が返済に困るとショッピング枠現金化で現金を作って返済をしろと求められます。

 

ここからわかるように、ショッピング枠現金化とヤミ金は非常に親和性が高いのです。

 

ヤミ金を利用しただけであればまだ法律で救済できる余地がありますが、ショッピング枠現金化にまで手を出してしまうとヤミ金業者に弱みを作ってしまうことになります。

 

ショッピング枠現金化は債務整理を希望する際の免責不許可事由に該当してしまいます。ヤミ金を利用し、ショッピング枠現金化も利用してしまうと自己破産できないと脅されるのです。

 

こうなると手の施しようがありません。その後は業者、ヤミ金、クレジットカード会社の板挟みでお金を支払い続けることになるかもしれません。

 

グレーゾーンと呼ばれる理由として、黒に近いからグレーと言われますが、グレーゾーンに足を踏み入れた時点で黒に近づいてしまっていることには変わりありません。

 

できる限りは近寄らず、利用もしない方が今後の自分の為ではあります。利用する際は十分注意して利用しましょう。