ショッピング枠現金化の主流は方法についてまとめます

ショッピング枠現金化の主流は方法についてまとめます

ショッピング枠現金化の方法は業者の数によって異なる事を示す情報が多く乱立していますが、実際のところ主流の手段は2パターンしか存在していません。

 

他にもキャンセル式などと言われるタイプのお店もありますが、数が少ない事と決済自体の取り消しがなされずに表向きは商品購入したことになるために、振込が行われないという詐欺被害の口コミも確認が出来るので、基本的にこの手法をオススメするようなコトはしたくありません。

 

決済会社から切られてAmazonギフト券を現金支払いの代わりに使っているお米を媒介するショッピング枠現金化業者は、無料系ブログを使ってステマをしたり、自らの取引が真っ当でないことを正当化する様が確認出来ますので、小規模業者はリスクが紙一重ですから申込みしないようにしましょう。

  • キャッシュバック
  • 商品購入時における特典として現金が付いている仕組みで、これを行う事自体は合法でネット回線工事や携帯電話のキャリア乗換などでも取り入れられています。

     

    また現金に代わるものとしてクレジットカード会社のポイント還元であったり、ふるさと納税では商品券や電子マネーが還元されていることから、こうした商品取引の実態が無ければ出資法違反として認められてしまうようですが、通常通り適切に行われていれば合法の範囲内であるコトが現状です。

     

    実際に初めて検挙された業者がこの仕組みを取り入れていましたが、商品が実際に配送されておらず架空取引になっていた事と、並行して無登録貸金業者を営んでいた事も相重なって出資法違反で検挙された模様です。

     

  • 買取
  • 質屋やリサイクルショップなどに連想される取引と似た形ですが、申込み時に購入する商品を指定されます。

     

    何でも買い取ってくれるというワケで無く、業者が換金しやすい商品を指定されることが多く、これを基本軸にAmazonギフト券やブランド品、または業者が用意している商品の三点方式による買取方法など、この違法性に関してはパチンコの金景品を換金する時のように「立場」を複数用意し、ネットワークを組む事で違法性から逸らしているようですが、買取式のショッピング枠現金化業者でしかも古物商の有資格業者はこれまで逮捕されております。

以上が主流として取り入れられている仕組みになりますが、お店に掲載されている説明文からどの仕組みで換金されるのかが把握できます。

 

一般的にキャッシュバックの方がスピーディーと言われていますので、店員の対応が余程気に入らないという理由でもない限りはコチラを利用する事がセオリーではないでしょうか。