もはや裏技でも何でもない存在となったショッピング枠現金化

もはや裏技でも何でもない存在となったショッピング枠現金化

最近になってショッピング枠現金化の問題視がより鮮明になってきたのではないでしょうか?何十年もこの換金による資金工面策は21世紀に入ってからのサービスではありませんし、言い様によってはそれだけ野放しにしていたという歴史も有ります。

 

商品券や新幹線の回数券のクレジットカード決済に対する規制は、今は全く不可能に近い換金方法ですが、一昔前は当たり前に行われており金券ショップが最も栄えていた頃かもしれませんね。

 

今でもごく一部の店舗型のお店がサンドウィッチマンを手配して駅前で宣伝する光景も懐かしいものとなりました。

 

このような商法に限らず全ての商品やサービスの購買情報はネットで収集できる時代で、簡単に他社との価格の比較やお金を掛ける事なく欲しい情報を手に入れることも出来ますが、インターネットや携帯電話の普及というのは便利でありながら危険な事柄にも触れやすくなったことも否定できないでしょう。

 

ショッピング枠現金化もそのような変化に乗って無店舗型が流行りだした経緯がありますが、次第に問題視される傾向が強くなり掲載メディアが無くなってきた事に加え、比較サイトや団体からの注意喚起や手口を暴く情報が次第に漏れ始めて、これまでサービスをゴリ押しする内容が非常に多かった業界の仕組みが一変して混沌となっています。

 

これは業者に取ってみれば上手くない情勢ですが、社会的には利用者が減っていくことに繋がり良い状況ではないでしょうか?その為にショッピング枠現金化業者はあらゆる策を練って新規顧客の集客に精を出しています。

 

ただし、当サイトのように業界を調べる比較サイトが続々と頭角を現している事により、集客の王道ともいえるSEO対策においてブラックハットと呼ばれるスパム的手法で上げていた広告報酬目的、あるいは自社グループのみが掲載される比較サイトが相次いでペナルティを受けている様子も確認出来ます。

 

今も上位表示されているサイトの中には内容が薄く有益なモノが無い比較サイト・・・ありますよね?あれも業者に外部委託して正攻法でサイト更新をしていない為に、いずれ落ちるであろうと推測しています。

 

さらに手口が公けになったことでワザワザ業者に委託することなく換金を実現する方法も見かける様になりましたが、そのリスクは同じショッピング枠現金化であることで変わりません。

 

業者を利用する事はある意味では専門家なわけで、これまで利用者の逮捕者がいないのですから消費者としてのリスクヘッジの意味合いで考えましょう。