ショッピング枠現金化は儲かるのか?

ショッピング枠現金化は儲かるのか?

ショッピング枠現金化について調べていますと、検索エンジンのサジェスト機能で儲かるというワードが表示されました。

 

これは検索を予測して関連ワードを出すものであり、多くの人が興味を持って検索されない限り表示される事が無いのですから余程関心がある事と言えます。

 

それではどのように調べるのかが問題になりますが、実際に店員となって仕組みをレクチャーしていただく事が最も理解しやすいのですが、さすがにこのような業種で求人広告を見る事は有りませんので、店員さんに聞いてみるか比較サイトで情報をかき集めるしか方法はありませんでした。

 

店員さんにショッピング枠現金化は儲かりますかと聞いてみたら

 

顔を合わせて質問することも店舗型のお店なら可能ですが、さすがに何か拘束されてしまってからでは遅いですから電話のみに徹しさせていただきました。

 

複数の業者に同様の質問をしましたが、スルー、もしくは冷やかしですかととにかく相手にされないかのどちらかで、利用される気が無いなら電話切りますという感じでした。

 

まあ当然の結果ですよね。

 

比較サイトで情報を集めました

 

一昔前の比較サイトと言えば、薄っぺらい内容に根拠の乏しいランキングがメインコンテンツでしたが、近年はしっかりと記事を更新されている様子で業者目線、あるいは利用者目線で詳しい情報が掲載されています。

 

全部が全部そうであるとは言えませんが、なかなか筋が通る内容もありますので一定の信頼は見込めるサイトのみに焦点を絞りました。

 

基本的には決済金額と振り込まれた金額の差額が、業者にとっての粗利、つまり諸経費を含めない形で身入りする金額と考えて間違いはないようです。

 

その中から業者が負担する経費(送料、振込手数料、決済手数料)が引かれて純利になる仕組みで、その積もったお金で事務所の経費や人件費を捻出しているようで、最近では改正貸金業法によってお金に困る人の絶対数が格段に減少している為に景気は悪いという情報がありました。


検索ボリュームと呼ばれる世間からどれくらい調べられているのかを測定する事がWEBサービスで存在するのですが、消費者金融関係のワードと比べますと約1/10の数値ですから、いかにターゲットが狭いのかがわかります。

 

さらにお金に困る人が少なくなってきたという社会状況から、ますます寂びれていくのは間違いないでしょう。