民事再生後に返済ができなかったら

民事再生後に返済ができなかったら

債務整理の方法のひとつである民事再生なのですが、民事再生後のことが気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

民事再生後も返済を続けていくことになるのですが、「もし返済できなくなったらどうしよう・・・」という不安を抱えている方もいるでしょう。

 

ここでは、もし民事再生後に返済ができなくなったらどうなるのかということについてお話ししていきたいと思います。

 

再生計画案の変更の申し立てをする

 

基本的に民事再生は3年間での完済を前提としているものです。民事再生後には返済を続けていくことになるのですが、場合によっては収入が激減してしまうこともあるかもしれません。

 

そうなってくると、当然、返済ができなくなってしまいます。

 

返済ができなくなったらもうそれで終わりなのかと絶望してしまう方もいるかもしれませんが、そういった場合には再生計画案の変更を申し立てることができます。

 

例えば、子どもの養育費の負担が大きくなってしまった、怪我や病気などで医療負担が増えてしまった、働いていた会社をクビになってしまったといった特別な事情であれば、返済期間を3年から5年に延長してもらうことは可能です。

 

ただ、いきなり裁判所に申し立てをするのではなく、民事再生を依頼していた専門家に相談したほうがいいでしょう。

 

期間の延長をしても難しい場合には

 

特別な事情が認められれば3年から5年まで期間を延長してもらうことができるのですが、期間の延長をしても難しい場合もあるでしょう。

 

そういう場合には、ハードシップ免責というものを利用するか、民事再生以外の別の債務整理の方法を取かという選択になってきます。

 

ここで大事なのは、返済ができなくなったからといってそこで終わりではないということです。

 

「民事再生までしたのに返済できなかった・・・」と絶望してしまう方は多いのですが、仮に返済できなかったとしてもそこからの手続きがあります。

 

期間の延長でどうにかなるなら期間を延長してもらって、それでも難しい場合にはハードシップ免責や他の債務整理の方法を探っていきましょう。

 

返済ができなくなったら終わりというわけではないので、あまり落ち込まないことです。

 

もともと3年という長い返済期間があるのですから、事情が変わるのは仕方のないことです。