ショッピング枠現金化を良い様に捉えて考えてみた

ショッピング枠現金化を良い様に捉えて考えてみた

ショッピング枠現金化は急な資金繰りに対処できる有効な手段として利用されていることと存じます。

 

過去に所属していた会社を勤務先としてスコアリングしてもらった上で発行されたクレジットカードを、退職後も個人情報変更の届けを出さずに所有している状況であれば、例え現在無職であっても与信枠を換金する事は可能です。

 

本来申告する事が求められていますが、実際問題として勤務先が変わっても変わらなくても普段健全に利用し続けているのであれば在籍確認の連絡などは皆無です。

 

お金が無い方でクレジットカードをこれから発行を試みても時間は掛かりますしスコアリングから弾かれる可能性が大きい事もあり、そもそもこういう条件に該当する方もおそう多くはいらっしゃらないと思いますが、ショッピング枠現金化でならではの金策としてのハードルの低さはある意味ではメリットと認めざるを得ません。

 

社会悪とする考え方もある一方で、良いとされる側面を発信する情報も有りますが、とりわけ広告報酬を目的とした比較サイトの数が多く、少し話を盛っている感じであったり、いかにもステマだろうなと考え得る体験談の掲載など、その真意を見出す為に余計な言葉を削ぎ落としてまとめてみました。

  1. 無職でも利用条件が満たされる
  2. 前述したように収入が無い状況でも換金をする事で工面することは出来ますが、クレジットカードで支払いが出来るものはそちらで済ませましょう。

     

  3. 上限は無い
  4. あくまでも表向きの表現で利用されている広告文ですが、与信枠の残高次第でありますが、必要な予算に対して届かない事は自分の与信枠限度の低さを責めるしかありません。

     

  5. 在籍確認は無し
  6. 正規の貸金業者なら鉄板中の鉄板とも言える電話確認は誰もが敬遠したくなる項目ですが、ショッピング枠現金化であればその心配は杞憂に終わります。

     

  7. 割賦払いが選択できる
  8. 携帯電話料金現金化、キャリア決済現金化も登場してきておりますが、クレジットカードならではの割賦払いが選択できる唯一の金策です。

通常の金策ではあり得ない項目がクリアされるコトになりますので、確かに独自色があって有効な手段にも見受けられますが、使い過ぎることで次第に悪い面が顔を覗くことになりますので、一長一短で有る事を理解してください。