ショッピング枠現金化は媒介物によって工程が異なる

ショッピング枠現金化は媒介物によって工程が異なる

ショッピング枠現金化は年々その業態を変化させている事は、業者や比較サイト運営者、関係各所の団体であれば把握して居ることと存じますが、一利用者がそこまで知る事は毎日のように検索をして調査しない限り知る事は出来ません。

 

常にリスクとともに有るのは申込みをした消費者だけでは無く、サービスを提供する事業者も例外では有りません。

 

これまでこの商法で逮捕された実例を見ますと、消費者の立件はなんと0件。

 

一方で事業者側の逮捕が目立ち、この状況ですと今のうちに利用できるのであれば利用したほうが良いとも取れます。

 

消費者保護の観点が根強い日本の特徴をよく現していると見えませんか?このサービスの根底にあるものはクレジットカード所有者の利用規約違反を認知した上で利用されている事が事実なのですが、これに関する刑事罰は法律が及ばずにあくまでも一企業の中での取り決めに過ぎないということは、Amazonギフト券を悪用している換金市場の存在も刑事罰に課せる事が出来ないと言う事を現すようで、気持ち悪い実情です。

 

そうした背景が有る中で、いかに合理性を増して公安委員会の目を欺けるかが業界の様子から感じられ、特にamatenという換金市場は上手い事表舞台に立つ事が出来たパイオニアと言えるでしょう。

 

ショッピング枠現金化とは異なる事を主軸として作られたサイトデザインは、検索エンジンを提供するgooleとyahooの目を欺き、リスティング広告への出稿を実現可能なものとしました。

 

一時期はショッピング枠現金化業者も出稿する事が出来ましたが、現在では掲載NGの項目として規約にも記載されている中、今現在も換金市場やAmazon買取業者の出稿を確認する事ができます。

 

サイト掲載文言にショッピング枠現金化に関わる文言が使われておらず、ギフト券の買取で有る事を強く印象付ける事が出来れば、ショッピング枠現金化業者として見られないと高を括っているのでしょうね。
買取だけでもギフト券のみならず、これまで従来は様々な媒介物が取引されており、大手業者の手口について実際に潜入した時の話をしますと、情報商材をクレジットカード決済で購入。

 

届いた物はCD-ROMでご丁寧に梱包されています(笑)開けるなと言われましたが、その中身を見てみると・・・どこかバカンスへ行った時の思い出写真見たいな風景画の詰め合わせ!

 

これを指定された住所に、なんと利用者の送料負担で送らされたという・・・。

 

その業者も今はAmazonギフト券にシフトしているように、買取型の多くは従来の方法から抜け出してリスクの少ない方法を選択している事が伺えます。