クレカ現金化は誰にでも換金が出来る優良な取引?

クレカ現金化は誰にでも換金が出来る優良な取引?

クレカ現金化を望む人は既にどこからも資金的な援助を受ける術がない、もしくは金融機関の審査に不合格となって居る方が申込みをしている可能性が言及されています。

 

これは、与信枠の換金をするにあたってショッピング枠という誰もが簡単に使っている購買行動の延長線上に換金が有る為、業者がメリットとして謳う無審査の文字が当てはまるからです。

 

この審査とは、消費者の経済環境をスコアリングするもので収入源となる勤め先や職業の把握から、在籍の確認に到るまで己の個人情報を照会する事になりますので、これを何らかの理由から行いたくないとする方にとっても、クレカ現金化は身分照会を信用情報機関と提携する事が有りませんので好意的に利用している方も少なくはないでしょう。

 

特に家計を預かる専業主婦が夫名義の家族カードを利用する事も珍しくないようで、身内にバレたくないという理由も一理あるようです。

 

事業者と消費者の様々な思惑が渦巻く換金方法ですが、そもそもお金に困っている方がクレカを所有していることも少ないですし、「換金する手前に残高が無く、発行元に支払いをしたくて申込みをした、クレカがあれば何とかなるんでしょう?」という何とも都合の良い解釈で申込みをする方もいるようです。

 

中には未成年者でも利用できるような情報を書き下すものもいますが、その真意は不明・・・というか未成年もこうした情報を手に入れる時代になったと考えると身震いがしますね・・・。

 

収入が無い状況の中でも利用できてしまう側面からも、正規の貸金業者からすれば敵視されて当然の事で正規の貸金業者の利用こそが正しいとされていますが、結局利息という中抜き商売の原理は同じことであり、どちらも生きていく上で関わりたく無いサービスに変わりありません。

 

お金に悩まされるコトなく、好きな物を食べて広い家に住んで好きな異性とのんびり暮らしたい・・・誰もが社会に出る前は描いていた大人の世界はそう甘くは無いんですよね。

 

クレカ現金化を考察している比較サイト

 

上記のように、注意喚起を含めた形で業者を考察した情報を取得する事が不可欠なのが現状で、店員から適切な説明を受けることに期待をしないでください。

 

置かれた状況に到るまで、全て自分の歩んできた事がキッカケになるのですから、勉強代として割り切ってその場を凌ぐ事もまた一考です。

 

これだけのお店の数と比較サイトの数ですから、その中から一社を選りすぐりすることは非常に難しいことであり、謳い文句に騙されてしまったら情けない気持ちにだってなり兼ねません。

 

だからこそ、掲載されている情報には目を凝らすわけですが、どのお店も独自色を色濃くするために独特の表現で宣伝をするところも見受けられます。

 

その中でも高換金率を謳う業者が多い中で、創業年数という実績を裏付けるような表現で運営されているお店があります。

 

他にも、「キャッシングよりもお得〜」や「動物を使った優しい印象を感じさせるデザイン」、「なぜか堂々としているスタッフ紹介」などなど。

 

確かにいろいろと批判を受けやすいサービスで有りながら、長年営業を続けることが出来る換金方法は正に合法な手段として裏付けられた証明と言えます。

 

どのような仕組みで運営されているのかは、消費者が知る術が無い部分ですから、創業まもないお店に申込みをすることよりも安心感は雲泥の差です。

 

しかしこの表現で注意すべきコトがあります。

 

これ、誰でも簡単に謳うことが出来るという点です。

 

WEBという仮想空間での表記であり、実際にその土地に何十年も根を張って営業していれば明らかに分かりますが、デザインが色褪せることの無い空間では、創業年数を確認すること自体が非常に難しいのです。

 

常に情報は更新されていますので、古い情報は淘汰され、検索エンジンからも嫌われる情報となり当時より更新が無ければ削除されていることもあります。

 

消費者の立場として、残された術として挙げられるのは、一つしかありません。

 

仮想空間の住所とも言えるドメインの年齢を調べる事です。

 

検索エンジンでキーワードを調べて辿り着くほかに、直接半角英数字を入力して訪問する際の記述のことを言います。

 

無料で調べる事が出来るサイトが幾つも有りますので、ぜひ利用して頂きたいのですが、これを利用することで取得日を正確に割り出すことが出来ます。

 

創業何十年と続いている業者の言い分が、果たして嘘か誠か・・・創業年数を推している業者を比較検討中の方は是非これを利用して真意を確かめてみることをオススメします。

 

だからと言って、実際に何十年も続いているという言い分の全てを否定しているワケではありません。

 

サイトリニューアルすることだってあり得ますし、一度閉店して再開することだってあり得ますから、ここは思い切って、その営業背景を伺う事も悪徳業者を回避することに繋がります。

続きを読む≫ 2015/11/26 11:35:26 2015年11月

最近になってクレカ現金化の問題視がより鮮明になってきたのではないでしょうか?何十年もこの換金による資金工面策は21世紀に入ってからのサービスではありませんし、言い様によってはそれだけ野放しにしていたという歴史も有ります。

 

商品券や新幹線の回数券のクレカ決済に対する規制は、今は全く不可能に近い換金方法ですが、一昔前は当たり前に行われており金券ショップが最も栄えていた頃かもしれませんね。

 

今でもごく一部の店舗型のお店がサンドウィッチマンを手配して駅前で宣伝する光景も懐かしいものとなりました。

 

このような商法に限らず全ての商品やサービスの購買情報はネットで収集できる時代で、簡単に他社との価格の比較やお金を掛ける事なく欲しい情報を手に入れることも出来ますが、インターネットや携帯電話の普及というのは便利でありながら危険な事柄にも触れやすくなったことも否定できないでしょう。

 

クレカ現金化もそのような変化に乗って無店舗型が流行りだした経緯がありますが、次第に問題視される傾向が強くなり掲載メディアが無くなってきた事に加え、比較サイトや団体からの注意喚起や手口を暴く情報が次第に漏れ始めて、これまでサービスをゴリ押しする内容が非常に多かった業界の仕組みが一変して混沌となっています。

 

これは業者に取ってみれば上手くない情勢ですが、社会的には利用者が減っていくことに繋がり良い状況ではないでしょうか?その為にクレカ現金化業者はあらゆる策を練って新規顧客の集客に精を出しています。

 

ただし、当サイトのように業界を調べる比較サイトが続々と頭角を現している事により、集客の王道ともいえるSEO対策においてブラックハットと呼ばれるスパム的手法で上げていた広告報酬目的、あるいは自社グループのみが掲載される比較サイトが相次いでペナルティを受けている様子も確認出来ます。

 

今も上位表示されているサイトの中には内容が薄く有益なモノが無い比較サイト・・・ありますよね?あれも業者に外部委託して正攻法でサイト更新をしていない為に、いずれ落ちるであろうと推測しています。

 

さらに手口が公けになったことでワザワザ業者に委託することなく換金を実現する方法も見かける様になりましたが、そのリスクは同じクレカ現金化であることで変わりません。

 

業者を利用する事はある意味では専門家なわけで、これまで利用者の逮捕者がいないのですから消費者としてのリスクヘッジの意味合いで考えましょう。

続きを読む≫ 2015/10/18 16:17:18

人の弱みに付け込む者は何時の時代にもいるようで、クレカ現金化業者の中には詐欺に近い手口で営業を行っているところがあるようです。

 

その手口の内容は単純に振込をしないというワケであったり、換金率の相違などが直接的な原因なのですが、決済完了後にこうしたトラブルに発展したり気付くことが多いようですが、ここまでに至るまでの布石が必ず存在します。

 

現に、私自身もクレカ現金化の実態を調べる為に全てでは無いですが出来るだけ複数の店舗で換金を実行し、上記のような手口に出会ったことも有ります。

 

比較サイトや詐欺に関する口コミを掲載しているWEBページから、その布石について調べてみました。

  • 横柄な店員
  • 申し込みをする段階、つまり最初の段階である問い合わせの段階では非常に愛想が良く接するのですが、手続きが進み、考え直す旨を口に出すと「既に手続きが進んでいるからキャンセル出来ない」と言われたり、決済後にいつになっても入金が確認出来ないのでコンタクトを取ると「担当者から折り返す」との一点張り・・・その後計5回くらい電話をし、入金が確認できたのは一週間後、しかも店員から連絡が来る前に自分で確認したという対応のお粗末さから、本当に日本人が店員なのか?と疑いたくなるほどでした。

     

  • なぜか金額を示す事が無い
  • これは悪徳業者です、と言っているようなもので、具体的な金額を数字で示すことをせずにパーセンテージで示してくる業者で、手続き前には90%前後の数字を提示するものの、いざ決済&振込となりますと、手数料として幾ら掛かる、もしくは振り込まれた後にその内容を示すなど、後出しじゃんけんをしているかのような対応をする店員がいます。

     

  • 時間がルーズ
  • 特に前述した内容から繋がるのですが、振込時間について「スグ」「早急に」などと言葉を使う割に、当日中に対応をしないところが実際に存在しますので、消費者がいつ入金が確認できるのか提示してくれる親切な店員さんがいることを必ず比較条件としてください。

例に挙げた例は私が実際に受けたこともある手口であり、今も尚営業をしている業者の一つでとある比較サイトでは優良店として紹介されています。

 

しかし、その比較サイト内の他の店で換金をしても手口の内容が似ている事もあって、グループとして営業をしている様子が印象としてあります。

 

彼らも仕事の一環として上司の指示の元に対応をしているのかよく分かりませんが、近代的な社会となった今もこうしたコトが当たり前に存在する事を意識しなければなりません。

続きを読む≫ 2015/10/18 15:18:18

クレカ現金化の方法は業者の数によって異なる事を示す情報が多く乱立していますが、実際のところ主流の手段は2パターンしか存在していません。

 

他にもキャンセル式などと言われるタイプのお店もありますが、数が少ない事と決済自体の取り消しがなされずに表向きは商品購入したことになるために、振込が行われないという詐欺被害の口コミも確認が出来るので、基本的にこの手法をオススメするようなコトはしたくありません。

 

決済会社から切られてAmazonギフト券を現金支払いの代わりに使っているお米を媒介するクレカ現金化業者は、無料系ブログを使ってステマをしたり、自らの取引が真っ当でないことを正当化する様が確認出来ますので、小規模業者はリスクが紙一重ですから申込みしないようにしましょう。

  • キャッシュバック
  • 商品購入時における特典として現金が付いている仕組みで、これを行う事自体は合法でネット回線工事や携帯電話のキャリア乗換などでも取り入れられています。

     

    また現金に代わるものとしてクレカ会社のポイント還元であったり、ふるさと納税では商品券や電子マネーが還元されていることから、こうした商品取引の実態が無ければ出資法違反として認められてしまうようですが、通常通り適切に行われていれば合法の範囲内であるコトが現状です。

     

    実際に初めて検挙された業者がこの仕組みを取り入れていましたが、商品が実際に配送されておらず架空取引になっていた事と、並行して無登録貸金業者を営んでいた事も相重なって出資法違反で検挙された模様です。

     

  • 買取
  • 質屋やリサイクルショップなどに連想される取引と似た形ですが、申込み時に購入する商品を指定されます。

     

    何でも買い取ってくれるというワケで無く、業者が換金しやすい商品を指定されることが多く、これを基本軸にAmazonギフト券やブランド品、または業者が用意している商品の三点方式による買取方法など、この違法性に関してはパチンコの金景品を換金する時のように「立場」を複数用意し、ネットワークを組む事で違法性から逸らしているようですが、買取式のクレカ現金化業者でしかも古物商の有資格業者はこれまで逮捕されております。

以上が主流として取り入れられている仕組みになりますが、お店に掲載されている説明文からどの仕組みで換金されるのかが把握できます。

 

一般的にキャッシュバックの方がスピーディーと言われていますので、店員の対応が余程気に入らないという理由でもない限りはコチラを利用する事がセオリーではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/10/18 14:21:18

クレカ現金化を利用しないでとする特設ページや士業の方の一つの広告とも見えるSEOの一環であるコンテンツ対策のタイトルとして書き下されるコトも多いです。

 

関連団体や金融機関、各種省庁が連携してこの問題に取り組んでいるように見受けられますが、この商法を営業していたとしても逮捕されないという既成事実が先日確認できました。

 

それは、新橋にある店舗型のクレカ現金化業者に強盗が入った事件のことです。

 

私はこの事件を知った時は、お昼のテレビのニュース番組におきまして、都内の金券ショップに強盗が・・・などと表示され、まじまじと見ていますとそのお店の店名を晒すことは無かったモノの、外観は映し出していました・・・そう、クレカ現金化という文字が!

 

強盗犯は逮捕されたものの、そのお店のホームページを見ますと事件当日は休業を取る告知がされております。

 

さらに、そのお店は都内に2店舗を構える業者ですが、いずれも事件後の営業もこれまでと同様に堂々と営業を続けられており、強盗は逮捕されてもクレカ現金化業者は逮捕されなかったという結末となりました。

 

なぜクレカ現金化業者が逮捕されなかったのか・・・捜査上で店内の実況見分や証拠品操作の一環によって業務内容の取り調べ等も受けていると思いますが、これからもこの業界は違法では無い事を示した重要な事件だったのではないでしょうか?世間的な注目は薄いのですがこれは違法性が懸念されている中で公安はこれを認めているということになります。

 

これまでに逮捕された業者はリアルに店舗を構えていようがネット完結型だろうが関係なく逮捕されていましたが、いずれも換金の仕組みが商品取引として行われておらず、お金だけが行って来い、という形であったり、融資・借金が出来ると称して利用客を募っていたパターン、あとは取引には違法性が無かったが脱税で捕まったところなどが挙げられます。

 

しかし、創業から十年以上も営業を続けているお店が有る事から、業界のあらゆる歴史を潜り抜けて今も行われている換金の仕組みはある意味では安心感を覚えます。

 

問題はクレカ現金化を悪としてしまうキッカケとなる利用者の支払い滞納では無いでしょうか?サービスの本質を知った上で申込みを行い、自らの意思で換金をするのですから業者はその需要に応えるのみであり、決して騙しているとは言えません。

 

お金を渡さないのであれば詐欺ですが、ここまで淘汰されている実情から現在はほぼ無いに等しいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/10/18 11:11:18

実はクレカ現金化は専門業者を介すこと無く実行した経験が筆者にはあります。

 

単純に考えてみれば買取式ならより想像しやすいのですが、顧客から送られてきた商品を確認し振込を行うわけですが、業者としても商品を持っていても換金しなければなりません。

 

そう、業者が何をどうやって換金しているのか調べれば自ずと換金を自分自身で行う事が出来る知識を手に入れる事が出来るというワケです。

 

まずは今一番用いられているAmazonギフト券Eメールタイプを参考にしますが、ギフト券の販売はクレカ現金化業者では無くAmazonで購入する事になります。

 

送付先を業者が指定するアドレス、もしくは一度自分自身に送りそれを業者指定アドレスに転送、業者が届いたギフト券を確認した上で振込作業へという順序が最もポピュラーですね。

 

通常であればここまでが着眼点となりますが、自分でやろうとしているならばその先、業者が買い取ったコードをどのように換金するのか把握しなければなりませんね?

 

ここで少し考えていただきたい。

 

クレカ現金化業者としても利益を生み出さなければならない、その利益とは額面と振込金額の差額、買い取ったものを換金するときに掛かる手数料を考えると・・・業者が100%で買取をする事が出来ない理由が明白になりましたね?

 

中抜きされた手数料は自分自身で換金する事で手にする事が出来るということです!さ、これで業者を利用しなくても済みますね。

 

買取されコードの行先は、買取業者で開示されている事は有りませんが、amatenのような換金市場がその取引の舞台となります。

 

特にamatenでは出品されている数は額面、一アカウントの出品数や履歴を見ても、クレカ現金化業者のアカウントや詐欺業者のアカウントとしか考えられない様な取引記録が開示されております。

 

その様な者たちと同じ舞台で個人も出品する事が出来ますが、割引利率でソート表示されている為にあまりにも高換金率を目的にしたパーセントの設定は誰も購入しない事になってしまいますので、早くお金が必要だと言う方はリアルタイムの売値で最も安い設定で行えば即落札されます。

 

あとは30分以内というコード確認時間を経過した後に売り上げを手にする事が出来ます。

 

買取業者に申込みをする事はこうした手間を省いて最短でお金を得る為には良いのですが、自分自身で行いたいと考える方はこれでバッチリです。

 

しかし、換金目的での利用で有ることはこれまでと同様に変わりませんので、リスクも増える事を覚悟して自己責任でご利用ください。

続きを読む≫ 2015/10/14 17:26:14

クレカ現金化は年々その業態を変化させている事は、業者や比較サイト運営者、関係各所の団体であれば把握して居ることと存じますが、一利用者がそこまで知る事は毎日のように検索をして調査しない限り知る事は出来ません。

 

常にリスクとともに有るのは申込みをした消費者だけでは無く、サービスを提供する事業者も例外では有りません。

 

これまでこの商法で逮捕された実例を見ますと、消費者の立件はなんと0件。

 

一方で事業者側の逮捕が目立ち、この状況ですと今のうちに利用できるのであれば利用したほうが良いとも取れます。

 

消費者保護の観点が根強い日本の特徴をよく現していると見えませんか?このサービスの根底にあるものはクレカ所有者の利用規約違反を認知した上で利用されている事が事実なのですが、これに関する刑事罰は法律が及ばずにあくまでも一企業の中での取り決めに過ぎないということは、Amazonギフト券を悪用している換金市場の存在も刑事罰に課せる事が出来ないと言う事を現すようで、気持ち悪い実情です。

 

そうした背景が有る中で、いかに合理性を増して公安委員会の目を欺けるかが業界の様子から感じられ、特にamatenという換金市場は上手い事表舞台に立つ事が出来たパイオニアと言えるでしょう。

 

クレカ現金化とは異なる事を主軸として作られたサイトデザインは、検索エンジンを提供するgooleとyahooの目を欺き、リスティング広告への出稿を実現可能なものとしました。

 

一時期はクレカ現金化業者も出稿する事が出来ましたが、現在では掲載NGの項目として規約にも記載されている中、今現在も換金市場やAmazon買取業者の出稿を確認する事ができます。

 

サイト掲載文言にクレカ現金化に関わる文言が使われておらず、ギフト券の買取で有る事を強く印象付ける事が出来れば、クレカ現金化業者として見られないと高を括っているのでしょうね。
買取だけでもギフト券のみならず、これまで従来は様々な媒介物が取引されており、大手業者の手口について実際に潜入した時の話をしますと、情報商材をクレカ決済で購入。

 

届いた物はCD-ROMでご丁寧に梱包されています(笑)開けるなと言われましたが、その中身を見てみると・・・どこかバカンスへ行った時の思い出写真見たいな風景画の詰め合わせ!

 

これを指定された住所に、なんと利用者の送料負担で送らされたという・・・。

 

その業者も今はAmazonギフト券にシフトしているように、買取型の多くは従来の方法から抜け出してリスクの少ない方法を選択している事が伺えます。

続きを読む≫ 2015/10/14 16:14:14

「あーダメだ、クレカ現金化しなければ工面できないよ・・・」

 

ちょっと待ってください!本当に申込みをしなければならない事ですか?まだやるべき事、絶対に無いと言いきれますでしょうか?追い込まれた時ほど冷静な判断が出来なくなっていきますので、行動を起こす気力が沸かずに妥協して申込みをする事は、後々「あの時、アレをやっておけばよかった」と後悔する事になり兼ねません。

 

しかも怪しげな業者がたくさんあることと、WEB上は賛否両論の情報で溢れかえっているのですから安心して利用する事は出来ません。

 

これまで当サイトでご紹介してきた情報の中にも、メリットやデメリットの存在について述べてきましたが、デメリットの特徴でもある利用後のリスクが総じて懸念されているのですから、なぜ後になって問題が浮き彫りになりやすいのかが理解できると思います。

 

それならば利用する前に想定されるコトをすべてやり切ってから申込みをするのも悪くない選択ですよね。

  1. 親族に頭を下げて貸してもらう
  2. 迷惑を掛けたくないと思うのは当然ですが、迷惑を掛けるなら親族で収める事の方がマシではないでしょう?

     

  3. 会社の上司に相談する
  4. 私の知人にもこういう人物がいるのですが、同僚では無く上司に相談した方が組織内で噂が広がる可能性は少ないです。

     

  5. 要らない物を売る
  6. 車なんて持っていませんよね?手放したくなくても換金出来るモノは全て処分したほうが建設的でよね?

     

  7. 思い切って木造風呂無しアパートに引っ越す
  8. 住居に関しては目を瞑りたいと考える人の方が圧倒的に多いのですが、そんなクソみたいなプライドは捨ててみてはいかかでしょう?住めば都、なんて言葉は嘘では有りませんよ。(筆者経験済み)

     

  9. ミニマリストになる
  10. 必要な物にだけお金を掛ける生活を意識付けが出来れば、何に対して出費が多いのか、減らすことは出来るのか、普段から自分の支出状況を逐一理解し把握する事は節制に結び付きます。

     

さあザックリと行動パターンを記述しましたが、やるべきコトは全て行いましたでしょうか?特に後半は即金を求めている人には出来ない事ですが、支払い期日がまだまだ先で時間的余裕が有る方は特効薬として機能するはずです。

 

私も借金をした経験が有りますが、全て実行するとかなりお金が貯まるようになり、クレカ現金化とは縁の無い生活へと次第に戻っていく生活に気持ち良ささえ感じました。

 

苦労の先を明るいモノにする為に行動を起こしてくださいね、お祈りしています。

続きを読む≫ 2015/10/14 15:10:14

クレカ現金化は国民生活センターが発表しているトラブル件数の推移を見ても分かるように、年々その勢いは沈静化しつつあります。

 

問題視される話題が突如として挙がったのは、当時政権を自民党では無く民主党が握っていた時代にまで遡ります。

 

当時の大臣による注意喚起の動画が今現在でも最新情報として掲載しているあたりから、この商法に対する情報が更新されていないことも見えてくるのですが、借入限度額を規制する総量規制の効果が時の経過とともに効果を表しています。

 

国民が抱える債務の金額や債務そのものを抱える人の数は年々減少傾向にあり、これは新たな借り入れを制限し債務が雪だるまの如く増え続けるサイクルに終止符を打ったことと、これまでに支払っていた利息を取り返すことが出来る過払い請求の積極的な利用により、お金を取り返すことに成功しただけでなく、事業者を続々と廃業に追いやったり、縮小させることに成功しました。

 

これがクレカ現金化とどう結びついてくるのかと言いますと、総量規制によって借りられなくなる者たちの行先として流行をしていた事も事実ですが、その裏で金融機関が総量規制の影響を受ける事のない新しい金融商品を打ち出していたのですが、プロモーションにおいて総量規制によって借りられない事の方が根強いイメージとして定着をしてしまった為であると考えられます。

 

そして日を追うごとに、テレビCMやマスメディア、その他アフィリエイターを利用して総量規制の影響に関する誤解は現在は晴れているという見方が出来るのではないでしょうか?

 

当然、金融機関の傘下にない貸金業者は今も尚、総量規制による申込み条件は変わっていないものの、そうした業者は総量規制の影響を及ばない他社サービスを照会したり比較する事はあり得ませんよね?クレカ現金化業者も本来であれば正規の方法で金策をする事が望ましい方でも、そちらの方が良いなどと見込み客を手放すような事はしないと考えられます。

 

総量規制の効果が日を追う事に増していること他の金策方法の台頭によって、クレカ現金化の比較検討者も同じ客層と言えるワケですが他の金策に乗り換えていることと、債務を抱えていないから金策をする必要の無い方が増えたことで、客の絶対数が少なく需要が無くなっていると言う事です。

 

もはや注意喚起を一生懸命する必要などなく、社会の基盤としてそのような状況を自然と排除できる循環がなされているという事であり、確実に衰退しています。

続きを読む≫ 2015/10/14 14:04:14

クレカ現金化は急な資金繰りに対処できる有効な手段として利用されていることと存じます。

 

過去に所属していた会社を勤務先としてスコアリングしてもらった上で発行されたクレカを、退職後も個人情報変更の届けを出さずに所有している状況であれば、例え現在無職であっても与信枠を換金する事は可能です。

 

本来申告する事が求められていますが、実際問題として勤務先が変わっても変わらなくても普段健全に利用し続けているのであれば在籍確認の連絡などは皆無です。

 

お金が無い方でクレカをこれから発行を試みても時間は掛かりますしスコアリングから弾かれる可能性が大きい事もあり、そもそもこういう条件に該当する方もおそう多くはいらっしゃらないと思いますが、クレカ現金化でならではの金策としてのハードルの低さはある意味ではメリットと認めざるを得ません。

 

社会悪とする考え方もある一方で、良いとされる側面を発信する情報も有りますが、とりわけ広告報酬を目的とした比較サイトの数が多く、少し話を盛っている感じであったり、いかにもステマだろうなと考え得る体験談の掲載など、その真意を見出す為に余計な言葉を削ぎ落としてまとめてみました。

  1. 無職でも利用条件が満たされる
  2. 前述したように収入が無い状況でも換金をする事で工面することは出来ますが、クレカで支払いが出来るものはそちらで済ませましょう。

     

  3. 上限は無い
  4. あくまでも表向きの表現で利用されている広告文ですが、与信枠の残高次第でありますが、必要な予算に対して届かない事は自分の与信枠限度の低さを責めるしかありません。

     

  5. 在籍確認は無し
  6. 正規の貸金業者なら鉄板中の鉄板とも言える電話確認は誰もが敬遠したくなる項目ですが、クレカ現金化であればその心配は杞憂に終わります。

     

  7. 割賦払いが選択できる
  8. 携帯電話料金現金化、キャリア決済現金化も登場してきておりますが、クレカならではの割賦払いが選択できる唯一の金策です。

通常の金策ではあり得ない項目がクリアされるコトになりますので、確かに独自色があって有効な手段にも見受けられますが、使い過ぎることで次第に悪い面が顔を覗くことになりますので、一長一短で有る事を理解してください。

続きを読む≫ 2015/10/14 12:56:14